花盛り

 

f:id:michimasa1937:20190330191254j:plain

停まった車の運転席からおっちゃんが、声をかけてきた。

道祖神どこかね?」

道祖神桜? それならこの道まっすぐいったら右にあるよ。見えてくる。」

 三年前亡くなった写真家の中沢さんが元気な時に、道祖神を二体つくり、コヒガン桜を二本、あぜの道祖神の両側に植えた。桜は育ち、今満開の花が無言で何かを語っている。ここは常念岳をバックにした風景の名所になっている。

 関西からの車、関東からの車がやってくる。車を見るとナンバープレートにぼくの目が行く。

f:id:michimasa1937:20190330183629j:plain

 

 先日、地区公民館でサロンを開いたとき、アキヒサさんに、

 「圃場整備で新しい道路がつくられ、道祖神桜の写真を撮る所がなくなりましたね。」

と言ったら、

 「下の田んぼ、うちの田んぼだで。入っていいよ、いくらでも入っていいよ。」

 と、あっさり返事が返ってきた。それでこそアキヒサさんだと、大笑いした。

 すぐ近くで、空き家を壊している。この地に引っ越してきた13年前から空き家だった家で、つくりもしっかりしていたから、その家の近所の人に、

 「この家、借家になりませんかね。移住してきた若い大工さんが、家を探していましてね。家の持ち主に聞いてくれませんか。」

と、何人かに声をかけておいた。けれど返事は、

 「持ち主が、施設に入っていて、話ができないんですよ。」

ということだった。

 数日前、その前を通ったら、ガガーン、音がする。空き家がこわされている。重機が庭に入って、屋根瓦をはいで、建具をはずし、たちまち家は解体されていく。

 その家の庭のスイセンが花盛りだった。このままじゃ、スイセンは踏みちゃちゃこにされてしまうぜよ。いかん、いかん。

 急げ、スイセン救出。スコップを自転車に載せて作戦開始。夕方、解体工事の中断したときをねらって現場に行った。若い作業員が、作業を終えて庭で放尿していた。

 「こんちはー。スイセン救出に来ました。もろていっていいですか。」

 「わーおー、びっくりした。はっはっは、どうぞ、どうぞ、いいですよ。」

 「ここ解体して、どうするんです?」

 「二区画の宅地です。」

 「はっはーん。売地ですかあ。」

 「じゃあ、私はお先に帰ります。」

 若い作業員はさっさと車で帰って行った。

 椿の木の下の三十本ほどのスイセンを掘りあげ、自転車に載せて帰ってきた。すぐに我が家の庭に植えた。我が家の庭のスイセンは、いろんな種類があって200本はこえているかな。見れど飽きず。空き家から持ち帰った、スイセンは原種のような素朴な花だった。これでまたスイセンが増えた。

風潮

f:id:michimasa1937:20180318072055j:plain

 

安倍首相「しっかりとやります。」

閣僚「しっかりとやります。」

官僚「しっかりやります。」

野党「しっかりやってください。」

市民A「しっかり、しっかり、しっかりしかないのか。」

 

市民B「こんなのでいいのかなあ、と思います。」

市民C「言葉が貧しいかなあ、と思います。」

市民D「親分の言葉にみんな影響されてるかな、と感じます」

市民E「なんだか寂しいかな、と感じます。」

市民F「かな、かな、かな。 あいまいにぼかさんとはっきり言えんのか。」

 

アナウンサーA「この風景、いやされますねえ。」

アナウンサーB「この景色、幻想的ですねえ。」

アナウンサーA「この人、いやされます。」

アナウンサーB「この町、幻想的です。」

市民G「アナウンサーの言葉もパターン化しているねえ。」

 

老人A「このごろ、テレビのBGMがうるさいねえ。」

老人B「BGMの音でセリフが聞こえんよ。」

老人C「甲高い女性の声も、けたたましい。わめいているんだな。」

老人D「そう感じるのは老人だけではないよ。老化のせいにしないでほしい。」

老人E「ギャハハ番組のギャハハも、不快だね。」

老人F「なんか変だね。感覚がおかしくなってきたね。」

 

問題発言という現象

 

f:id:michimasa1937:20180327060044j:plain

 大臣や政府関係者の発言が問題視される事態が続いている。その発言によって、大臣が辞任するというニュースも今朝の報道であった。

 人間の発する言葉の意味するものが問題となるのだが、言葉だけが問題視されてしま

うと、重要なことが抜け落ちていく。「口は災いの元、気を付けよう」で終わるから、

本質は何も変わらない。本質が変わらない人間がお詫びする。だから、お詫びの言葉がとおりいっぺんの共通語になっている。

 なぜそのような問題発言が出てきたのか。何が問題なのか。その人の、どのような思想、思考、知性、感情から出てきた言葉なのか、すなわち言葉の奥に潜むものが問われることが少ないから、そして本人もそれを問おうとしないから、根本的な解決に至らない。また繰り返す。さらにもっと悪質になる。このような事態が、その世界の土壌となる。

 なぜ本質的なところで変わらないのか。

 いつも思うのは、どうしてこういう人が政治家になり官僚になったのか、という問いである。なぜそういう人が政治家になっているのだろう。官僚の生きている世界の実態はどうなっているのだろう。

 結局そいう人間を生み出す土壌がドカンと存在するのだ。政治の世界、官僚の世界、さらには日本社会のなかに、その土壌がある。それが問題なのだ。司法の土壌、教員の土壌、警察の土壌、そこでどんな人が育っているか。地域社会という土壌、そこでどんな市民が育っているか。

 今朝の新聞で、憲法学者の蟻川恒正が「憲法季評」に書いていた「横畠長官発言から見えること 崩された内閣法制局の自律」という小論は、重要な指摘だと思った。

 問題の本質に気づかないで、言葉だけの問題としてしまうから、気づいた時にはすでに、コトは危機的に進んでいた、ということになる。

発達障害の原因は何?

f:id:michimasa1937:20180327054056j:plain

 

  発達障害の子がどうしてこんなに多くなっているのか、現代の何が関係しているのか、と強い危機感をもっていた。そこへ小林純子さんから、こんな記事が届いた。佐賀新聞の記事で、医師の佐藤武さんが書いている。

 

 発達障害の原因として、遺伝子異常、染色体異常、体内環境の異常、周産期の異常、生まれた後の病気や環境(児童虐待)などが指摘されていますが、実証にはいたっていません。その一方で、最近、農薬との関係が注目されています。1990年頃から急速に広がったネオニコチノイド系農薬が子どもの脳の発達に悪影響を及ぼす見解が世界で報告されています。 この農薬は、農業に使用されるだけでなく、松枯れの防止薬、家庭用の殺虫剤、シロアリの駆除剤、さらには住宅建材の中にも使用されています。学術誌に発表された論文によると、国内での12~13年のサンプル調査で、3歳時(233人)の尿中に有機リン系代謝物が100%、ネオニコチノイド系農薬の代謝物が79.8%の割合で検出されました。

 子どもへの影響をはじめ、さまざまな環境問題につながるとして、EUは昨年、ネオニコチノイド系3種類の農薬の屋外使用を禁止。オランダは2014年に、フランスが16年、韓国も14年、ブラジルは15年、台湾は16年に、それぞれ使用を禁止しています。ところが、日本は禁止どころか、ここ数年はネオニコチノイド系農薬の食品の残留基準をむしろ緩和していると聞きます。イチゴの日本の残留基準(アセタミプリド)は3ppmで、これはEUの60倍、米国の5倍の緩い基準です。ブドウの5ppmはEUの10倍、米国の14倍。トマトの2ppmがEUの4倍、米国の10倍。お茶の30ppmは、なんとEUの600倍の基準になるとのこと(青沼陽一郎のレポートより)。

 日本弁護士連合会は「ネオニコチノイド系農薬の使用禁止に関する意見書」を17年12月に公表。「子どもの発達への影響が懸念されるにもかかわらず、日本ではいまだ予防的措置がとられていない」と指摘し、法の改正を求めています。

 脳の発達に影響を与えている要因が農薬だけにあるとは断定できませんが、子どもの脳との関係が指摘されていることは確かで、小中高大生に発達障害の心理相談が年々増加していることも事実です。使用禁止が世界の潮流になる中、それに逆行するような日本の姿は見直すべきではないでしょうか。虫食いのない完璧な野菜を買う日本文化も背景にあるのかもしれません。(佐賀大学保健管理センター、精神保健指定医 佐藤武

 

 これまでの日本の公害による疾病、そして死の原因が、水や大気や食料や生活環境に原因があると分かって、やっと政府が重い腰を上げ、禁止や是正に向かったときにはすでに数えきれないぐらい多数の人に被害がでていた。発達障害の原因究明と対策を急がなければ、たいへんなことになる。子どもの暮らし方、生活環境もきわめて危険な状況にある。危機が進んでいることに対し、政府も自治体行政も社会もあまりにも鈍感すぎる。この危機的状況、どうしたらいいのだろう。

予言

f:id:michimasa1937:20190312020635j:plain

 

 「安曇野文芸」という地方文芸誌がある。今回そこにぼくの評論風エッセイを載せてもらった。明治から現代までの日本の環境の激変、破壊、それをもたらしたものについて、いろんな人の著作や活動を取り上げて、10ページにまとめた。原稿の制限規定は紙面の10ページだから、だいぶ省略しなければならなかった。

 記事の中に、吉江喬松の「予言」を書いた。

 <吉江は信州塩尻で生まれ、早稲田大学卒業後、国木田独歩の画報社に入り、その後パリ大学に留学した。

 独歩のエッセイ「武蔵野」発表から六年して、日露戦争が勃発する。吉江喬松は「自然の寂光」を書いている。そこに次のような文章がある。

 「日本の帝都の周囲には、パリの四周に見る如き大きな森林公園が保存せられていない。日本の大都市は都会を保護するための大きな防風林を持つべきである。今ではわずかに残っている武蔵野の雑木の林も松の林も次第に伐り取られて、風の通路は以前よりは一層自由になり広闊になって、国境連山は中途に何のさえぎるものもなく首都の背後から寒冷の大気を縦横に浴びせかける。」

 続いて喬松は謎のようなことを書く。寒波が流れ去った日暮から、不思議な沈黙が大地を支配し、地平線の果てに真紅の雲の群が細長くなびいて、夜の十時頃まで消えない。それは何を意味するのか解らないが、大東京の建設が完全に出来上がった後までも、大都市の中から生存の姿を消し去った後までも残紅は何かを暗示しつづけるだろうと。>

 吉江は何を言おうとしているのだろう。これは何かを予感し、未来を予言しているのではないか。東京が滅ぶ時が来る。それはどういうことだろうか。

 予言から二十数年たった大正十二年九月、関東大震災が起きた。家倒壊、強風が吹き荒れ、ちょうどお昼時で火を使っている人が多かったから、火災があちこちで起こり、四十五万戸の家が焼け、十万人の死者が出た。第一回の東京焦土であった。江戸時代にも明暦の大火など、焦土となる火災は過去に何回か起きているから、歴史上では第一回とは言えないが、明治以降では第一回になる。

 昭和に入って戦争勃発、東京大空襲に至る。空襲は百六回、罹災者が百万人を超えた。これが東京焦土の二回目。 

 これらの巨大破壊の後には、巨大な復興、開発を必要とした。山々の木が伐採され材木にされた。

 古から現代にいたるまで、森の破壊、消滅の原因は、都市建設、軍事、経済開発が主要なものである。そして都市は膨張した。それは巨大な自然破壊をもたらすものであり、結果、子どもの成長に必要な環境をも消滅させた。

 

 吉江はこのような未来を予言したのではないか。自然災害と、文明災害ともいえるものの襲来だ。そこへもってきて今、社会の中で何が起きているか。人間の生活、精神、心の世界の破壊だ。

 首都直下型地震が90パーセント起きるという予測がある。南海トラフ地震もそう予言されている。にもかかわらず原子力発電を性懲りもなく稼働させようとする。

 

 「野の記憶」にぼくは、何人かの予言を記した。田中正造は「亡国に至るを知らざれば即ち亡国」という予言を、足尾鉱毒事件と谷中村滅亡の中でおこなった。その予言が戦争と敗戦となって現れ、次に水俣をはじめする環境破壊、人間破壊となって出現した。

 不気味な何かが文明の底を音たてて進んでいる気がする。

万葉集のわけのわからない歌

f:id:michimasa1937:20170405212421j:plain

 万葉集には、実に多彩な歌が載っている。

 おもしろいのを紹介しよう。

「巻十六」3838番と3839番の歌。この二首に「わけのわからない歌二首」という題がついている。

 

  ◆我妹子(わぎもこ)が 額(ぬか)に生ひたる双六の

  ことひの牛の 鞍のうえの瘡(かさ)

 

 <訳>わぎもこの額(ひたい)に生えている双六の、こって牛の鞍の上のかさぶた

 

  わけわからん。

 

  ◆我が背子が たふさぎにする つぶれ石の

   吉野の山に 氷魚ぞさがれる

 

 <訳>わが背子が ふんどしにする丸い石の、吉野の山に、氷魚がぶらさがっている。

 

  わけわからん。

 

 「我妹子」は男性が女性を親しんでいう言葉。「ことひの牛」は、重荷を引く強い牛。関西では「こって牛」と言った。「背子」はここでは夫だろう。氷魚はアユの稚魚かな。

 舎人親王が「わけのわからない歌」をつくったら、ほうびをあげる、と言ったら、阿倍のじいさんと子どもが、こんな歌をつくって、ほうびをもらったと書いてある。

「令和」という元号になった

 

f:id:michimasa1937:20160322212754j:plain

 平成につぐ新元号は「令和」になった。万葉集巻五の「梅花の歌三十二首と序」の文章から採ったという。そこで万葉集を出してきて、その部分を見た。梅の花の歌がずらずらと載っているページ、ぼくはそこに鉛筆で印を入れていた。それは、以前万葉集を読んでいったとき、あの時代の人が、梅の花を愛でて、みんなで酒を酌み交わして団欒し、歌を詠むという、平和な生活文化に感銘を受けたからだった。

  天平二年正月十三日、大伴旅人は人々を呼んで宴会を開いた。

 「令和」が採られた文は、 「初春令月、気淑風和、梅披鏡前之粉……」の部分、万葉仮名で始まるその部分を、ぼくの持っている「万葉集」では土屋文明が現代語訳している。 

 「春の初めのよい月で、空気が澄み、風が和らぎ、梅は鏡の前の美人のよそおいのように開き、蘭は君子の装いのように開いている。そのうえ、明け方の山には、雲が動き、松には苔がついて、きぬがさを傾けたようで、夕方の谷の山には霧がかかり、鳥は網に包まれたように林に飛んでいる。庭には新しく生まれた蝶が舞い、空には去年の雁が帰っていく。……」

 今朝の新聞では、中西進の現代語訳が載っていた。

 「時あたかも新春のよき月、空気は美しく風はやわらかに、梅は美女の、鏡の前に装う白粉のごとく白く咲き、蘭は身を飾った香のごとき香りを漂わせている。

 

「令月」の意味は「万事をなすによい月、めでたい月」「陰暦2月の異称」。

「令」という文字の意味には、「人々が従う」という意味と、「よい」という意味とがある。

 今朝の新聞を読めば、いろんな学者や識者が、意見を出していた。意見の中には、決め方の問題、特異な歴史、元号の政治化の問題などが語られていた。

 今朝の家内との会話。

 「歴史的には皇室と切り離されないけれど、国民が生活の中で使うものなんだから、国民から広く募集して、決定段階で学者や文化人や、いろんな人が関わって、決めていくということができないんかねえ。」

 「もっとオープンにすべきよ。皇室行事じゃないでしょ。町では、このときとばかり、商売繁盛に利用しているよ。」

 新聞の座談会で国文学者の辰巳正明が、こんなことを言っている。

 「朝鮮の古代王朝・百済が七世紀半ばに滅びて、日本に知識人が逃げてきた。彼らが近江朝という天智天皇の時代に、知識を日本人に授けていく。百済は中国から独立した国を目指して滅んだが、日本のなかでそれを実現していこうとして、中国とは別の元号を日本は使うという流れを作ったのではないか。」

 このわずかな文の奥には、膨大な歴史がある。唐の朝鮮への侵攻、高句麗新羅百済、唐と倭国との関係、百済滅亡と、百済の難民が大挙して倭国にやってきたこと、倭国も朝鮮に軍を出して、唐の軍と戦い、敗れたこと。百済を通じて大陸の文化が大量に日本に入ってきたこと。

 元号という制度の奥に潜むものがある。過去の歴史を探求していくと、現代、未来の在り方が、見えてくるように思う。